胃カメラの麻酔は苦しい?スプレー麻酔のコツと内視鏡検査の実際!! | 退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

胃カメラの麻酔は苦しい?スプレー麻酔のコツと内視鏡検査の実際!!

日記

自分は毎年、人間ドックを受診しています。

人間ドックでメインと成るのが胃カメラ(内視鏡)です。

通常、胃カメラは苦痛が伴い苦しいと言われてますが

最近は、麻酔を使う病院も有り

かなり、楽になりました。

とは言え、やはり胃カメラは麻酔をしても苦しいのでしょうか。

スポンサーリンク

◆内視鏡検査の種類 

病院によって、内視鏡検査は3種類有ります。

1・通常通り、口から入れる。

2.鼻から入れる。

3・麻酔で眠らせて口から入れる。

★胃カメラの麻酔は苦しいのか

では実際に、

3の麻酔を使った胃カメラ(内視鏡検査)の実際をお話しします。

この、内視鏡検査は人間ドックの場合、

最後に行われます。

次に、喉の奥にスプレー状の麻酔をします。

これも、たばこを吸う人以外はなんてこと有りませんが、

吸い込んでしまうと激しくむせます。

「あ~~~」

と声を出しながら行えば、まず吸い込む事は有りません。

コツは、やや上を向き高い声を出す事です。

姿勢を正す事と力を抜くことが大事です。

最初か、かなり苦しんだこの麻酔ですが、

最近は、コツを覚えてきたのでかなり楽になりました^^

スポンサーリンク

内視鏡を入れる為のマウスピースを銜え、左腕に眠くなる注射をします。

だいたい、5秒ほどで意識が無くなり、

気が付くと、ベットで寝ている感じです。

ただ、最初はこの麻酔が効かずに

何度か苦しい思いをしました(>_<) 自分は、アルコールが好きなのでそのせいかと思い 先生に聞いたところ、そんなことは無いと言われました。 初めての時、効かず次も効かずで ほんと、苦しかったのですが、 3回目は、看護師さんのアドバイスで見事に落ちました(*^_^*) それは、 「かるく目をつぶり、ゆっくり深く深呼吸してください」

と言うものでした。

するとほんと、

気が付いたらベットに寝てる状態で

とても気持ち良いです^^

その後、食べる食事がとても美味しく

最高でした。

以来、ずっと注射が効かない事はありません。

結構、早く麻酔から覚めてしまう人も多く、

そういう人は、危険な為まだベットに寝ているように注意されます。

でも、どうしてもお腹が空くため

目覚めてしまうのはやもえないですがね・・・

ちなみに、知り合いは3時間程爆睡していて、

看護師さんに起こされたそうです(>_<) スプレー麻酔を苦しまずに受けるコツは、 姿勢を正し、身体の力を抜き高めの声を出す事です。 麻酔の注射が効かない人は、 「かるく目をつぶり、ゆっくり深く深呼吸」

これをしてみて下さいね^^;

スポンサーリンク
この記事を書いた人
自由人

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

自由人をフォローする
日記
自由人をフォローする
退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました