仕事 を 辞めると思ったら、必ず知っておくべき事と注意点のまとめ | 退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

仕事 を 辞めると思ったら、必ず知っておくべき事と注意点のまとめ

退職前の手続き

退職は、今でこそ当たり前になりましたが一昔は、一つの職業を全うするのが良しとされてきました。
なので、会社を辞める経験はあまり無かったのが現実です。
そういう方たちにとって、退職とは少々大げさに言うと正に「未知のの世界」です。
この記事では、仕事を辞めるに当たり誰もが悩む問題をまとめて見ました。

スポンサーリンク

◆退職の時期と流れ

退職期間

退職までの期間

退職までの期間をどのように過ごしどのような流れが必要か悩むところです。退職を決断しどのような流れで進めるのがベストなのか。
一般的な期間や法律ではどうなっているのか気になりますね。退職意思の伝え方や誰に伝えるのかも大事なポイントです。

決断したあとの流れ

退職を決断した後の流れな押さえておきたいポイントです。意思の伝え方や誰に相談するのかもマナーとして知っておく必要があります。
又、退職届と退職願の基本的な違いや、退職を避けた方が良い時期なども有ります。

退職後直ぐに転職するのかしないのか

退職後直ぐに転職するのかしないのかによって、手続きに違いが有ります。
退職後、直ぐに転職しない場合の各種、保険等の手続きや逆に、転職する際の転職先への提出物などを知っておくことは
も重要です。

◆関連記事◆
退職の時期と流れについて。だれにも相談出来ない方も必見です

◆退職を電話ですませる時

退職電話

退職は電話だけでも良い?

色々な事情で退職を電話で済ませたい人も多いと思います。
しかし、電話だけで済ませるには注意すべきポイントがいくつか存在します。
それは病気や家族の看護などです。勿論、これがすべてでは有りませんが・・・

メリットとデメリット

退職を電話伝えることにはメリットとデメリットがあります。
どちらかと言うとデメリットの方が大きいですが勿論メリットもあります。

退職を電話で伝える際、注意すべき11のポイント

退職を電話で伝える時には注意すべきポイントがあります。
この注意すべきポイントは大事なことなのでよく、覚えておいてください。
電話のみで退職する場合はほとんどが円満退社とはいかない場合が多いです。
なので、しっかりと確認しておく必要があります。

電話で伝える例文とどうにも成らないとき

電話で退職を伝える際にはある程度のひな形を頭に入れておいた方が良いです。
・基本的なもの
・体調が良くないので退職する場合
・入社ご直ぐ
・育休中の場合
特に、基本的なものは押さえておいて損はありません。

また、どうにも成らないときは・・・

◆関連記事◆
退職を電話ですませる時のポイントと注意点

◆退職届・退職願の書き方

退職届退職願

退職を決断してからの流れ

退職を決断してからの一般的な流れと、管理人が実際に経験したながれです。
一般的な流れとは多少、違いが有りますが多分、皆さん多かれ少なかれ異なっているかもしれません。
リアルな話は貴重だと思います。

退職願・退職届の書き方と渡し方

退職届や退職願には書き方や渡し方があります。
会社が保管する正式な書面なので、どう書いても良いわけでは有りません。
また、ペンや封筒も決まりがあり誰に渡すかも原則、決まっています。

退職理由による書き方の違い

退職には自己都合退職と会社都合退職とがあります。
それぞれで退職届や退職願の書き方に若干の違いがあります。
間違えると最悪、受理してもらえなくなるので注意が必要です。

自己都合・会社都合それぞれのメリットデメリット

自己都合・会社都合それぞれのメリットデメリットが存在します。
普通、自己都合の方はメリットが無くデメリットが多いと思われるかもですが、
確かに、一般的にはそうですが一応、自己都合にもメリットがあり会社都合にもデメリットは存在します。

◆関連記事◆
退職届退職願いその違いと書き方

◆退職決めたらボーナスはどうなる

退職ボーナス

ボーナスの仕組みと法律

ボーナスは会社の規約により計算され支給されています。これは法律で定められているわけでは無く企業により独自の決定方法が存在します。ただ、小さな会社では規約というものがほとんど存在しないためほとんどの場合は、経営者の判断で決まります。

ボーナスをもらってから退職する理想的なスケジュール

これは、自分自身でボーナスをもらってから辞めるスケジュールを組むことですが、そこまでしなくても普通にもらえる場合もあります。スケジュールを組む際には夏のボーナスをもらって辞める場合と冬のボーナスをもらってから辞める場合とにわかれます。又、退職し直ぐに転職するのかしばらくは転職しないのかにもよりスケジュールは変わってきます。

◆関連記事◆
退職を決めたがボーナスはどうなる?実際の体験をお話します

◆育休中に退職

育休中退職

退職までのスムーズな流れ

退職までのスムーズに進めるには以下の項目は押さえておきたいです。
1・退職するまでに決めておくこと
・収入面
・転職か専業主婦か
2・退職は職場の誰にどのように伝えるか
3・退職理由と伝え方
4・退職はいつ伝える?
5・返却物の確認
6・会社から受け取るもの
7・できれば一度、復帰する
8・引き継ぎ

育休中に退職することを電話やメールですませるには

基本は対面で伝えるのがマナーですがどうしてもと言う場合は可能です。
ただ、必ずお詫びをすることを忘れないでください。

育児に関する手当と雇用保険

育児に関する手当には、育児休業給付金、出産手当金、出産一時金の3種類が有ります。
これらの手当は、所定の条件を満たした上で手続きをします。
雇用保険は退職後、所定の条件を満たしていれば支給対象となります。

育休明けの転職

育休明けの転職には、リスクもあります。
よく考えてから、行動する必要があります。
特に、子供さんをどうするかという問題はご主人やご両親等ととよく話し合っておく必要があります。

◆関連記事◆
育休中に退職!その流れと絶対に覚えておくべきポイント

◆退職代行サービス

退職代行

最近はやりの退職代行サービスですがこのサービスにはメリットとデメリットがあります。

メリット

1心理
2現状
3対面

デメリット

1費用
2退職癖
3詐欺

義務違反について

退職代行に依頼しても辞め方によっては義務違反を問われ損害賠償を払わなければ成らない場合もあります。

退職代行にお願いした方が良いケースとしない方が良いケース

それどれのケースにより退職代行にお願いした方が良い場合としない方が良い場合があります。
退職代行に依頼するときは、自分がどの状態なのかを把握する必要があります。

業者の見極めと流れ

退職代行業者に依頼する場合にはいくつかの注意点があります。
依頼してからの流れも把握しておく必要があります。

弁護士と退職代行業者の違い

弁護士と退職代行業者とでは交渉できる内容や費用にも違いが有ります。
自分が今、どちらに依頼するべきなのかを知る事が大事です。

◆関連記事◆
退職代行サービスとは?そのメリットとデメリット

◆まとめ

退職前は色々と考えるものです。自分は28年いやその前も5年サラリーマンをやっていました。
28年前に1度会社を辞めていますがその時は、直ぐに転職しました。
当時はまだ若く、ネットも無い時代だったので自分に有利に退職するすべなど知るよしも無くただただ、会社の言いなりでした。
でも今は、ネット全盛で有り、小さなパソコンと言っても良いスマホの普及で自分に有利に有利になる情報は簡単に知ることができるようになりました。
この記事を読んでいると言うことは、あなたもなにかしらの理由で退職を考えているはずです。

退職を決断することは不安もあるのは当然ですが、人生一度きりなのですからあなたの望む人生を歩んでください。
微力ながら応援しています^^

では

この記事を書いた人
自由人

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

自由人をフォローする
退職前の手続き
スポンサーリンク
自由人をフォローする
退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました