国民年金基金の付加年金制度とは!フリーランス自営業必見!! | 退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

国民年金基金と付加年金制度について!フリーランス自営業必見!!

退職 後 の 手続き

フリーランスや自営業者の為の年金制度には国民年金基金と付加年金制度がありますが、一般にはあまり知られていないようです。
ほとんどの方々が厚生年金なので仕方がない事ですがフリーランスや自営業の方には是非、利用して貰いたい制度です。

スポンサーリンク

◆国民年金基金とは

国民年金基金とは、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。
加入条件は、20歳以上60歳未満の国民年金の第一号被保険者であることです。

国民年金基金の種類について

国民年金基金に「全国国民年金基金」と「職能型国民年金基金」の2種類あります。

全国国民年金基金

加入できるのは、国民年金の第1号被保険者の方であれば住所地や業種は問いません。

職能型国民年金基金

加入できるのは、各基金ごとに定められた事業または業務に従事する国民年金の第1号被保険者の方です。

いずれかに加入

加入する場合はいずれか一つの基金にしか加入できませんので、加入される方が選択することになります。

加入によるメリット

国民年金基金の掛金は、将来も一定で少ない掛金でも自由なプランで始められます。

スポンサーリンク

◆付加年金制度とは

付加年金制度とは、国民年金に400円上のせして納入することによい将来貰える年金額が増える仕組みです。
付加年金は、老齢基礎年金の繰上げや繰下げに連動します。
第一号被保険者が、将来受けるべき年金額を増やすため、老齢基礎年金に付加して受給する第一号被保険者独自の給付です。

付加年金の納付方

付加年金の保険料は国民年金と同様に、納期限から2年間納めることができ、期限は翌月末となります。

付加年金の年金額

付加年金の年金額は200円×付加保険料納付済月数が付加年金として受け取れます。

付加年金のメリット

付加年金のメリットとしては2年間受け取ると、受け取った額が支払った額を上回る事です。

◆重複は可能?

国民年金基金と付加年金制度どちらもフリーランスや自営業者にとっては将来の備えとなりますが重複はできません

◆最後に

会社員と違い年金が少ないフリーランスや自営業野方には国民年金基金と付加年金制度は強い味方となります。
老後を見据え加入しておきたいですね。

◆関連記事◆
退職後の社会保険の手続きで押さえるべき4つのポイント!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
自由人

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

自由人をフォローする
退職 後 の 手続き脱サラ後の仕事
自由人をフォローする
退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました