退職を電話伝える時にアポは必要か?退職の伝え方4つの方法 | 退職脱サラお役立ちサイト

退職を電話伝える時にアポは必要か?退職の伝え方4つの方法

退職前の手続き

退職を電話で伝える際、どのような流れで切り出せば良いのか迷いますよね。
今日は、電話で退職を伝える際の事前準備的なアポイントについてです。

スポンサーリンク

◆退職の伝え方

退職を伝えるには以下のような方法があります。勿論、正式なのは対面で直属の上司に伝えることですが様々な理由からそれが出来ない人もいるでしょう。

電話

対面が無理な場合は一般的には電話です。

メール

メールやLINEなどは一般的に普及はしていて電話よりも簡単なのでつい使いたくなりますが、モラルに欠けた行為なのでお勧めはできません。

業者に依頼

退職代行などの業者に依頼する方法です。これは、あなたの会社がブラック企業で交渉が難航すると思うならお金はかかりますが最も有効な方法です。

親に頼む

退職代行などに依頼するお金が無いという場合は親にお願いする手もありますが、こちらはやはり、社会人としてのモラルに欠ける行為であなた自身が笑いものに成るので避けた方が無難です。

◆アポイントは必要か

退職を電話で告げる際、アポは必要かですが勿論、とれるならそれに超したことはありません。
先に話したメールやLINEを使い、「お話があります。○月○日電話したいのですがお時間の都合は如何でしょうか」みたいにアポをとれば理想です。
しかし、直属の上司のメールアドレスやLINE登録している人ばかりでは無いと思います。

なので、そこまでこだわる必要は無いかと個人的には思います。
勿論、可能ならばアポは取るべきですですが忙しく無い時間帯を見計らって電話すれば良いと思います。

◆退職を電話で伝えるのが怖い

電話でも、退職を伝えるのはかなり緊張すると思います。
自分は対面でしたが、電話でも緊張感は半端ないですよね。
中には、退職を電話で伝えるのが怖い方もいらっしゃると思います。
特に、会社がブラックだったらなおさらです。

どうしても怖いという方は、退職代行にお願いするのがベストです。
彼ら彼女らは法律のプロなので、会社がイチャモンつけてきても十分、対抗するだけの知識を持っています。
業者に頼る際注意すべきは、しっかりとした業者なのかを口コミ等で調べることです。
自分は使ったことがないのでどこがお勧めとかは言えないのですが、その業者をネットで検索し調べてから依頼した方が無難です。

◆最後に

退職を伝える際、メールやLINEは不可と書きましたがアポを取る際にールやLINE告げておくのは有りだと思います。
その後、しっかりと電話で告げることを詫びてあなたの思いを話してください。
応援しています。

退職代行サービス おすすめは?人気の業者5選!!

◆関連記事◆
退職を電話ですませる時のポイントと注意点

この記事を書いた人
西郷

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

西郷をフォローする
退職前の手続き
スポンサーリンク
西郷をフォローする
退職脱サラお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました