ジャイアント馬場没後20年追善興行アブドラザーブッチャー引退動画を見て | 退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

ジャイアント馬場没後20年追善興行アブドラザーブッチャー引退動画を見て

日記

今日、「ジャイアント馬場没後20周年記念&アブドラザーブッチャー引退動画」をYouTubeで見ました。
3年前ぐらいに開催されたイベントだったんですが、当時自分は仕事をしていたため会場には行けませんでした。
今日は、この動画の感想を書きます。

スポンサーリンク

◆ジャイアント馬場没後20年追善興行アブドラザーブッチャー引退記念2019.2.29

ジャイアント馬場没後20年追善興行

最初にジャイアント馬場さんの試合などが収録されています。
日本テレビのスポーツテーマーでの入場、そして懐かしい試合はとても良かったです。
解説は、馬場さんの愛弟子小橋建太さんが務めていました。(途中から武藤さんも)

試合前のセレモニーではなんとなんと!!アントニオ猪木さんが登場!!

宿命のライバルと言われ自分も小さい頃は馬場派と猪木派で言い争っていました。
自分は、猪木さんも好きでしたが断然、馬場さんでした。
イノキボンバエーのおなじみのテーマ曲が流れたときは感動して涙が出ました。

馬場さんのセレモニーなので猪木さんはリングに上がらずリング下から挨拶しました。
「今日は、沢山の方々にご来場頂、ジャイアント馬場に成り代わり深く御礼申し上げます」
この挨拶を聞いたとき、馬場さんと猪木さんは本当は深い絆が有ったのかなと思いました。

プロレスラーで有りプロモーターであるジャイアント馬場とアントニオ猪木は宿命のライバルでも、
人間、馬場正平と猪木寛至は同じ釜のメシを食ったもの同士どこか通じるものも有ったのかもしれません。
猪木さんは今、入院されていますが1日も早く元気になり若い人たちにプロレスの楽しさを教えてほしいと思います。

さて、この日の試合ですが大仁田さんや淵さん、グレート子鹿さんと言ったベテランも花をせえていて、大仁田さんの馬場さんへの思いがとても、伝わりました。
セミファイナルではなんと、あのマスカラスブラザーズが登場、
さすがに昔の動きは出来ませんが70歳を超え、今なおリングに立つその姿は感動しました。

特に、マスカラスのフィニッシュ、フライングボディーアタックは圧巻でした。
勿論、お世辞にも昔ほどとは言えませんがその強靱な肉体とサービス精神には感動しました。
プロレスって本当に素晴らしい競技だと思います。

さて、自分はジャイアント馬場さんの試合で最も興奮した試合はスタンハンセンとのシングル初対決でした。
最も、その前の最強タッグでの壮絶な殴り合いは「馬場、すげ~」とものすごく興奮したのを覚えています。
初対決の日は、新日本好きの人たちは馬場さんが手も足も出ずボコボコにされる事を想像し確信していたでしょう。

スポンサーリンク

自分も馬場ファンでしたが相手があのスタンハンセン、全盛期を過ぎた馬場に勝ち目が有るのだろうか・・
猪木信者の思う通りボコボコにされ、惨めな姿をさらすのだろうか・・
不安と興奮の中、運命の2/4を迎えました。

初対決は、いい意味で周囲の期待??を裏切り馬場さんは当時最強とまで言われたスタンハンセン相手に、
互角以上のファイトをしました。結果は引き分けだろうとは予想はしてましたが、内容的には馬場さんの圧勝でした。
馬場の強さを引き出したスタンハンセンもさすがだと思いましたが、馬場さんは本当にすごいレスラーなんだと言うことを改めて確信しました。

そして馬場さんの試合で感動し、涙が出た試合が、

スタンハンセン&ジャイアント馬場🆚三沢光晴&小橋建太の決着戦です。
50を過ぎた馬場さんが必死に当時トップレベルの三沢さんや小橋さんと戦う姿はある意味、ビックリです。
最後は三沢が師匠馬場からピンホールを取り、馬場組は負けましたが試合後、三沢小橋が力尽きた師匠馬場を気遣う姿に師弟愛の深さを感じました。
最後の馬場大コールは、自分もテレビでしたが感動し涙を流しながら手拍子したのを思い出します。

さて、次は馬場さんのライバルだったアブドラザーブッチャーの引退式での感想です。

アブドラザーブッチャー引退式

アブドラザーブッチャーはほんと小さい頃からと言うよりもザ、ファンクスとの抗争から知っています。
そしてミルマスカラスやデストロイヤー、そしてジャイアント馬場です。
ブッチャーの引退式は本当に懐かしい方々が登場しました。
そして、サンライズ、スカイハイ、スピニングトーホルドで入場したハンセン、ミルマスカラス、ドリーたちとの笑顔でのハグは昔を知っている自分としては感動ものでした。特にドリーはなんだか涙がでました。

アブドラザーブッチャー・・・
悪役で日本を震撼させた憎まれものでしたが本物のプロでしたね。
素晴らしい試合を有り難う、楽しい思い出を有り難う・・
アブドラザーブッチャーの若い人へのメッセージも最高に素晴らしいものでした。

プロレスの悪役は人格者でなければ出来ないとよく聞きますが、それは本当だと思います。
アブドラザーブッチャーさん。いつまでも、お元気でいてくださいね^^

◆最後に

こんな素晴らしい大会を生で観戦出来た人は本当に幸せだなっと思います。
実は、これは約3年前の大会で今年の2月4日(馬場とハンセンが初対決した日)にジャイアント馬場没後23年記念追善興行が有りました。
コロナがなければ行くつもりでしたが皆さんご承知のようにコロナが猛威を振るい東京へ行くのを断念しました。
YouTubeでは動画が上がっているのでいずれ、その大会の感想も記事にしたいと思います。

最後に、ジャイアント馬場さんはプロレス界の宝と言うより日本の宝と言っても良い方でした。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
自由人

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

自由人をフォローする
日記
自由人をフォローする
退職脱サラ自由人のお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました