突然辞めると言い放ち退職届を出すデメリットについて | 退職脱サラお役立ちサイト

突然辞めると言い放ち退職届を出すデメリットについて

退職前の手続き

「もう、こんな会社辞めてやる!!」

そう思い、思わず退職届を出したくなる気持ちはよくわかります。
でも、多くの場合そのような辞め方はデメリットしかありません。
今日は、それについてです。

スポンサーリンク

◆突然辞めるデメリット

まずは、突然辞めるデメリットについてです。

法律違反

法律では退職は最低でも2週間前と定められています。なので、その前に辞める事は基本的には出来ません。
これはパートやアルバイトでも同様です。
もっとも、有給休暇が2週間以上有れば可能かもしれませんが法律では、最低でも2週間前と定められています。

信用を失う

どのような理由にせよ突然、会社を辞めることは社会人としてのモラルに欠けます。よって、信用を失うことは覚悟しておかなければなりません。
ただ、嫌がらせが酷く精神的に限界だという場合もあるかもしれませんね。
そういう場合は例外と言えますが、信用を失うのは仕方がありません。

不利益な退職となる

会社を退職するときは色々な手続きや受け取らなければならない書類も沢山、有ります。
突然辞めてしまうと会社によってはここを無視される可能性があります。そのほか、賞与だったり退職金などにも影響が及びます。
また、転職の際にも場合によっては影響する事もあり、これらのことについて、対策しておく必要があります。

対策について

では、対策とはどうすれば良いのかですが賞与や退職金は有ってもわずかと諦めましょう。
これは、会社の義務では有りません。
ただ、退職するときの必要書類に関しては一度は必ず請求し、もし無視されたなら労働基準局へ相談してください。
おそらく、その名を出せばほとんどの会社は手続きしてくれると思います(笑)

まあ、それでもダメなら実際に相談してください

◆退職届を出すデメリット

次は、退職届を出すデメリットです。

撤回できない

まず初めに覚えておいてほしいことは「退職届は撤回出来ない」と言うことです。退職願なら撤回出来る可能性もありますが(人事部が承認したら原則撤回不可)退職届はいかなる理由が有っても撤回出来ません。
詳しくは退職届退職願いその違いと書き方にも書いてますが、退職届は撤回出来ないことを覚えておいてください。

書式が面倒

これも、退職届退職願いその違いと書き方で述べてはいますが、書式が有りそれにしたがって書く必要があります。また、会社によっても違いが有る場合もあります。

◆突然辞めると言い放ち退職届を出すメリット
退職届を出し突然辞めるメリットは、もう、会社へ行かなくて良いと言うことただ一つです。
勿論、法的に可能な期間である事が条件ですが、それさへクリアすれば突然会社を辞めることは可能です。

◆まとめ

誰でも一度は突然辞めると言い放ち退職届を出したくなった事はあると思います。
ただ、そのデメリットもよく理解し冷静になることで損の無い退職が出来ると思います。
ただ、あなたが今、以上のようなデメリットを理解した上でも、もう限界だと思うのなら自分は迷わず退職を勧めます。

悔いの無い選択をしてくださいね^^

では

退職代行サービス おすすめは?人気の業者5選!!

◆関連記事◆
退職の時期と流れについて。だれにも相談出来ない方も必見です

この記事を書いた人
西郷

子供が育ち会社を辞め現在、某在宅ワークを行っています。サラリーマン時代は対人関係や自由な時間を奪われ嫌だなと思っていました。28年間、前の会社で頑張ってきましたが人生は一度きりだと思い退職、このブログでは退職前後の手続きや退職後の生活などを書いていけたらと思います。
又、在宅ワークや再就職などの記事もアップする予定です。

西郷をフォローする
退職前の手続き
スポンサーリンク
西郷をフォローする
退職脱サラお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました